給湯器をすぐに工事したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!
最大割引率:82%ライフ
最大割引率:81%クラシアン
最大割引率:80%正直屋
給湯器業者の徹底比較サイト【横浜編】 » 給湯器お役立ち情報 » 給湯器の交換にかかる費用

給湯器の交換にかかる費用

給湯器を新しい商品に交換するとなれば、商品の価格だけでなく工事費などの費用もかかります。ここでは、給湯器交換時に必要な費用や相場について紹介しましょう。

給湯器交換にかかる費用はいくら?

給湯器本体の費用相場

まず、給湯器の本体についての費用ですが、号数や機能などによっても違うため、一概にいくらとはいえません。

とはいえ、メーカーは希望小売価格を設定しています。

そこで、4人家族の標準とされる24号タイプの価格をみると、以下が相場といえそうです。

給湯器業者で買うとかなりお得!

給湯器本体価格は安いもので10万円代、高いものだと40~50万円くらいと意外と高くなります。

しかし、給湯器業者で買うと定価から60%~80%も割引かれ、10万円代の商品だと2~5万円、40~50万円の商品だと10~20万円くらいで提供しているところが多いです。

しかも、工事費用もこれに含んでいる業者もあるので、業者で購入したほうがかなりお得に感じます。
では、なぜこんなに安く提供できるのでしょうか。

その理由のひとつは、大量に仕入れることで商品単価を抑えていること。つまり、単品で購入するより「仕入れ値が安い」からです。

もうひとつが、「徹底した企業努力」です。広告費や人件費などを削減し、できるだけ仕入れ値に近い形で提供していることが、業者の安さのヒミツなのです。

なぜ給湯器業者で価格の違いがある理由

同じ商品でも、給湯業者によって価格に大きな違いがあります。その理由は、上で述べた「仕入れ値」と「企業努力」の差ともいえるでしょう。

大量に購入しているといっても、会社の規模によって購入できる数が決まってきます。早い話、大きい業者は大量に仕入れられるから安くできますが、規模が小さい業者だとあまり仕入れられないので価格が高くなるということです。

しかし、大きい業者はテレビコマーシャルや新聞の折り込みチラシなど、広告費をかけています。これが、給湯器の価格にも跳ね返って高くなることもあるのです。

その一方で、インターネットに特化することにより広告費を抑えて、安く提供している給湯器業者もあります。

見積もりを取る際の注意点

給湯器業者に見積もりを取る際には、複数の業者へ依頼するようにしましょう。そのほうが、比較検討しやすくなります。

また、トータル費用だけで選ぶのではなく、内訳も必ずチェックしてください。業者によっては「出張費(相場は2,000~3,000円)」が含まれていなかったり、設置場所や建物の状況によって別途工事費用がかかるといったところもあります。

そのほか、保証期間やアフターフォロー、会社の実績や口コミなどもあわせて確認しておきましょう。

その他、お金に関することは以下のページでも詳しく紹介しています。気になる方は、クリックしてご覧ください!

この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます

給湯器業者選びの4つのポイント

給湯器の交換時にかかる工事費用

給湯器の交換で受けられる補助金について

横浜の給湯器業者3
費用で選ぶなら!ライフ
最大割引率82%

公式サイト

知名度で選ぶなら!クラシアン
最大割引率81%

公式サイト

品揃えで選ぶなら!正直屋
最大割引率80%

公式サイト

給湯器をすぐに工事したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!
横浜の給湯器業者3
費用で選ぶなら!ライフ
最大割引率82%

公式サイト

知名度で選ぶなら!クラシアン
最大割引率81%

公式サイト

品揃えで選ぶなら!正直屋
最大割引率80%

公式サイト

サイトマップ