給湯器をすぐに工事したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!
最大割引率:82%ライフ
最大割引率:81%クラシアン
最大割引率:80%正直屋
給湯器業者の徹底比較サイト【横浜編】 » 給湯器が故障したらすべきこと » 給湯器の凍結時した時にするべき3つの事

給湯器の凍結時した時にするべき3つの事

一般的に、水道管は氷点下4度以下になると凍結するといわれます。それは給湯器も同じです。

特に一戸建住宅で「水は出るのに、お湯が出ない」といった現象が起きたら、給湯器が凍結していることが考えられます。

給湯器が凍結したら、どのように対処すればよいのでしょうか。凍結を防ぐ方法も含めて説明しましょう。

給湯器が凍結してしまったら

結論からいうと、自然解凍がもっとも安全です。

給湯器が凍結しているとわかったら、まず運転スイッチを切りましょう。あとは、気温が上がって給湯器内の氷が溶けるのを待つのみです。

給湯器の凍結している部分(配管)にお湯をかけて溶かす方法もありますが、配管上の保温材を取り除いてからやらなければ効果がないので、かなりの手間です。

なお、お湯は40℃くらいのぬるま湯を使用します。熱湯は配管を傷める可能性があるので避けましょう。

氷が溶けたら、機器や配管に破損しているところがないかを確認します。

特に異常がみられなければ、運転スイッチを入れてお湯が出るかをチェック。その際に、給湯器から異音がしないかも確認しましょう。

「ボンッ」という小さな爆発音や、「キーン」という共鳴音がする場合には、一酸化炭素中毒など何らかのトラブルが生じている可能性があります。

この場合は、使用をやめて速やかに給湯器業者へ連絡しましょう。

凍結が起きやすい箇所

給湯器が凍結しやすい部分は「水道配管」、つまり給湯器に水を送る配管です。

外気に直接触れる部分ですから、水道管も凍ったらこちらも凍っている可能性があります。

先ほども述べましたが、水道配管には保温材が巻かれており、厳冬期でも凍結しにくいようにしています。

凍結した場合は、保温材の劣化なども合わせて確認し、修繕が必要なら対応してもらうようにしましょう。

水道配管のほかにも、凍結が起きやすい部分として「給湯器本体の配管」が凍ることもあります。

また、本体からキッチンなどの蛇口に通じる「給湯配管」やお風呂に通じている「追焚配管」なども、凍結することがありますが、ほとんどのケースは水道配管の凍結です。

凍結がきっかけで破損した場合の修理費

もしも凍結が原因で破損した場合、修理費用はいくらになるのか。それは、破損個所によっても異なります。

水道配管が破損した場合

給湯器に水を送る水道配管が破損した場合の修理費用は、数千円〜数万円くらいが多いようです。
なお、この部分は給湯器本体ではありませんので、修繕は水道業者に依頼しましょう。

給湯器本体や各設備への配管が破損した場合

まず、破損個所として考えられるのが本体内の配管、熱交換器、電子回路などが挙げられます。

熱交換器や電子回路が破損するのは、本体内の配管から漏れ出した水がこれらの部品にかかり、漏電を起こすなどのトラブルによる故障です。

修理個所が本体内の配管だけなら数千円程度で納まりますが、熱交換器も破損したらおおよそ5〜6万円、電子回路だと4〜5万円程度の修理費用がかかります。

最悪のケースを考えると、修理費用は10万円以上になることも想定されるでしょう。その場合は、交換も検討したほうが安くなるかもしれません。

なお、10年以上使用している古い給湯器の場合、交換する部品が流通していないため、直るまでの時間がかかったり、場合によっては断れたりすることもあります。

その場合も、交換を検討することをおすすめします。

凍結防止機能とは

最近の給湯器には、自動で凍結を防ぐ「凍結防止機能」が付いている商品もあります。

この機能は、ポンプで水を一晩中循環させることによって凍結を防ぐというしくみが一般的です。

凍結が予想される前日の寝る前に「手動で稼働させるタイプ」と、外気温が一定の温度以下になると自動的に作動する「自動ポンプ運転タイプ」があります。

また、寒冷地用の給湯器の場合、ポンプではなくヒーターで配管を温めるタイプの商品もあります。

注意しなければならない点として、凍結防止機能が通用するのは、給湯器本体の配管から給湯配管と追焚配管までの部分であること。

給湯器に水を送る水道配管が凍結したら、元を断たれたことになりますので、お湯は使えません

凍結を予防する方法

凍結防止機能がない給湯器の場合、あるいは水道配管の凍結を防ぐためには、どのようにすればよいのでしょうか。いくつかの例を紹介しましょう。

水を出しっぱなしにしておく

寒冷地では厳冬期によくやっていますが、水道の蛇口を少しひねり水を出しっぱなしにすることで凍結を防ぐ方法です。

水道代がもったいないと思われるかもしれませんが、水量の目安は1分間にコップ2杯分(400ml)くらいでOK。水道代にもそれほど影響はないでしょう。

給湯器内の水を抜く

給湯器内には、使用していないときにも水がたまっています。凍結が予想される前夜には、この水を抜くことで凍結および給湯器内の破損を防げます。

水道配管に布等を巻き付ける

水道配管にはすでに断熱材が施工されていますが、氷点下4度以下になると凍結するおそれがあります。

そこで、配管に毛布やスポンジなど、断熱材として活用できる素材を巻き付けることによって、寒さから守ることができます。

気休めかもしれませんが、厳冬期には何も手を打たないよりも効果は期待できます。

破損をしたら給湯器業者などへ連絡を!

凍結防止策を講じても、自然の寒さにかなわず破損することもあります。

水道配管が破損したら水道業者へ、給湯器内の配管などが破損したら給湯器業者へ連絡し、修理または交換してもらいましょう。

なお、都市部では同じような状況にあっている方が多数いるため、「いつまでも修理に来ない」ということが起こります。

そんなときにも備え、実績もあって信頼できる給湯器業者に普段からメンテンスを頼むなど、関係性を深めておくことも大切かもしれませんよ。

横浜の給湯器業者3
費用で選ぶなら!ライフ
最大割引率82%

公式サイト

知名度で選ぶなら!クラシアン
最大割引率81%

公式サイト

品揃えで選ぶなら!正直屋
最大割引率80%

公式サイト

給湯器をすぐに工事したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!
横浜の給湯器業者3
費用で選ぶなら!ライフ
最大割引率82%

公式サイト

知名度で選ぶなら!クラシアン
最大割引率81%

公式サイト

品揃えで選ぶなら!正直屋
最大割引率80%

公式サイト

サイトマップ