給湯器をすぐに交換したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!~横浜編~
35,200円モアープランニング
41,800円ほっとハウス
46,200円湯ドクタ―

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

給湯器業者の徹底比較サイト【横浜編】 » 給湯器お役立ち情報 » 給湯器の種類や選び方

給湯器の種類や選び方

給湯器は外観や機能などに大きな違いが少ないため、どれを選んだら良いのか迷いやすい機器です。ですが給湯器によって設置タイプや機能、エコ仕様の有無などに違いがあり、選ぶべき重要なポイントがいくつか存在しているのをご存知でしょうか。こちらでは、給湯器の選ぶ時にチェックすべきポイントについて紹介していきます。

自宅の設置タイプを確認しておく

戸建てとマンションでは給湯器の設置タイプが異なります。戸建ての場合は外壁に固定する「壁掛け設置タイプ」、屋外の床に措置で設置する「措置設置タイプ」があります。マンションの場合はベランダに設置する「壁掛け設置タイプ」、玄関脇のパイプスペース内に設置する「PS設置タイプ」など、自宅に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

また、PS設置タイプは外から給湯器が見えるタイプと扉で覆われて見えないタイプに分けられます。まずは自宅の設置タイプがどれに当たるのかを確認して選んでください。

号数を見ておく

給湯器のお湯を出す能力は、号数によって分けられています。号数は1分間に水温+25℃のお湯をどれだけの量(L)出すことができるかを表した数値です。16号、20号、24号の3種類があります。一人暮らしなら16号、二人暮らしなら20号、4人以上の家族なら24号がおおよその目安です。使用頻度や使用箇所によって、快適さが変わってきます。選んだ号数によってキッチンや浴室シャワーの使い心地に大きく影響してくるので、家族構成や使用頻度、生活スタイルから最適な号数を選びましょう。

追い焚き機能は必要か

給湯器の給油方式は「給湯専用」「給湯+追い焚き」「給湯+高温水供給式」に分けられます。給湯専用はキッチン、洗面所、お風呂へのお湯の供給はできますが追い焚き機能がついていません。給湯+追い焚きタイプは給湯専用タイプの機能に加えて、追い焚き機能がついているのが特徴です。給湯+高温水供給式は給湯専用タイプに自動湯はり機能がついたもので、追い焚き機能はついていません。

追い焚きはお風呂のお湯が冷めた時に再びお湯を温める機能で、熱いお湯を足す「たし湯」とは異なります。家族全員が同じ時間帯にお風呂に入れるのであれば、追い焚き機能は必要ないでしょう。ですが家族それぞれでお風呂に入る時間が異なる場合、追い焚き機能がついていればいつでも温かいお風呂に入れます。家族のライフスタイルによって追い焚き機能が必要かどうかを判断しましょう。

オートかフルオートか

給湯器はオート機能とフルオート機能に分けられます。両者を比べるとフルオートの給湯器の方が機能的にも充実しており、その分値段が高いのが特徴です。

オート機能の給湯器はスイッチひとつで自動的に設定した温度、湯量でお湯はりが可能です。また、自動機能をオンにしておけば設定した温度にお湯は保温され、温度が下がってくると自動追い焚きも行ってくれます。フルオート機能と比べると、やや値段が安いのが利点です。自動お湯はり、保温、追い焚き機能があれば十分で、価格を抑えたいという方にはオススメとなります。

フルオート機能の給湯器はオート機能と同様、スイッチひとつでお湯はりができるのがメリットです。保温、追い焚き機能も備わっています。それに加えて、浴槽の湯量が減ると自動的にたし湯する「自動たし湯機能」付きです。

また、浴槽のお湯を抜いた後に配管からお湯が出て掃除をしてくれる「自動洗浄機能」や、浴槽に人が入った際に温度が下がるのを感知してお湯を焚き上げる「自動炊き上げ機能」も備わっています。より快適に使用できるのが利点です。

エコジョーズを選ぶかどうか

エコジョーズとは、少ないガス量で効率よくお湯を沸かすことができる省エネ機能が備わった給湯器です。省エネでお湯が沸かせるため環境にやさしく、毎月の料金も抑えられます。従来の給湯器と違い、これまで捨てられていた排気熱をうまく活用してお湯を沸かしているため、ガス量が少なくて済むのがメリットです。そのため二酸化炭素排出量もカットでき、地球にもやさしい商品となっています。

ガス会社によってはエコジョーズ限定の料金プランもあるため、うまく活用すればさらにガス代を安く抑えることも可能です。ただし、エコジョーズ給湯器は従来の製品と比べると価格、工事費も高いため初期費用がやや高くかかってしまいます。実際にどの程度安くなるのか、シミュレーションしてから検討するのがオススメです。

家族の生活に合った給湯器を選んだほうが良い

今や給湯器は生活には欠かせないものとなっており、どの製品を選んでも生活を快適にしてくれるのは間違いありません。給湯器はそれぞれタイプによって貯水量、機能、料金などが異なります。家族の人数が増えたり、使用する時間帯が変わったりすることで用途も変わってくるでしょう。それらを考慮して家族の生活スタイルに合った給湯器を選ぶことが重要です。

横浜の給湯器交換業者3
設置工事費用で比較しました
モアープランニング
35,200円

公式サイト

ほっとハウス
46,200円

公式サイト

湯ドクター
41,800円

公式サイト

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

給湯器をすぐに交換したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!~横浜編~
横浜の給湯器業者3
~工事費用で比較~
モアープランニング
35,200円

公式サイト

ほっとハウス
41,800円

公式サイト

湯ドクター
46,200円

公式サイト

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

サイトマップ