給湯器をすぐに交換したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!~横浜編~
35,200円モアープランニング
41,800円ほっとハウス
46,200円湯ドクタ―

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

給湯器業者の徹底比較サイト【横浜編】 » 給湯器お役立ち情報 » 給湯器が原因で起こる火災

給湯器が原因で起こる火災

給湯器は電気、ガスを使用しているため不具合が生じると大きな事故を招くことがあります。特に多いのは給湯器による火災です。こちらでは給湯器による火災の原因や対処法などについて具体的に見ていきましょう。

給湯器による火災の原因その1

ガス漏れによる火災

給湯器の爆発や火災の原因として代表的なものにガス漏れが挙げられます。漏れたガスに引火してしまうと、爆発や火災などの大事故を招いてしまうかもしれません。給湯器の寿命は10年程度といわれており、古い給湯器は故障や不具合が生じてそのリスクが高くなります。事故を防ぐためにも、ガス漏れが起こる原因について知っておきましょう。

部品の劣化や磨耗

給湯器に使用されているパッキンやゴム管などの部品は、長く使用すればするほど劣化が進んでいきます。ガス漏れが発生する原因の1つです。設置している環境や使用頻度によっても、部品の劣化スピードは変わってきます。家族が多く、使用頻度が高い場合や設置した場所の環境が悪い場合は、10年を経過する前でも発生する可能性が高まるので注意しましょう。

給湯器本体の寿命

一般に給湯器の寿命は約10年です。使用開始してから10年を経過したあたりから故障や不具合がよく見られるようになり、交換が必要となります。古い機器からガス臭いにおいがするようになっていたら、給湯器自体の寿命によりガス漏れしているかもしれません。

給湯器内部で水漏れしている

給湯器の内部で部品の劣化などにより、水漏れが生じるとガス漏れを起こすことがあります。漏れた水により消火されてしまうことで起こるのですが、多くは経年劣化による部品の磨耗が原因です。

ガス漏れの対処法

早急に使用を中止する

給湯器を使用していてガス臭いにおいがした場合は、早急に使用を中止しましょう。使用を続けてしまうと部屋中に漏れたガスが充満してしまい、引火の恐れがあり大変危険です。まずはすぐに使用を中止してください。

窓を開けて部屋の換気を行う

給湯器の使用を中止した後は、部屋中の窓を開けて換気をしましょう。部屋にガスが溜まった状態でいると、一酸化炭素中毒になる恐れがあります。早めに外の空気と入れ替え、事故を防ぐことが大切です。そこで換気扇をつけると、静電気が発生して引火してしまう恐れがあるため使用は避けてください。

ガスの元栓閉める

窓を開けて換気を行った後はガスの元栓を閉めましょう。ガスの元栓は室内にある元栓と、ガスメーターにある元栓の両方を閉めておくのがポイントです。元栓を閉めてもガスの臭いが続く場合は、すぐにメーカーや業者に連絡をしましょう。

エラーコードを確認

上記の対処を行って安全が確保できたら、給湯器のリモコンに表示されているエラーコードを確認しましょう。エラーコードは給湯器メーカーやガス会社によって異なるため、説明書や会社ホームページで確認しておけばいざという時に対処しやすくなります。

給湯器による火災の原因その2

不完全燃焼による火災

不完全燃焼とは、酸素が足りていない状態で物が燃え続けることをいいます。不完全燃焼は黒い煙や一酸化炭素を生じさせたり、異常燃焼を起こしたりして火災の原因となるのが特徴です。

以下に不完全燃焼が起こる原因について挙げていきます。原因について知っておくことで、いざという時にすぐ対応できるはずです。

給湯器の周囲に物が置いてある

給湯器のすぐ周りに使用しなくなった物などを放置して置いてあると、給湯器の給気口から酸素が十分に取り込めなくなり不完全燃焼を起こすことがあります。他にも植物が伸びてしまったり、鳥が巣を作ってしまったりして塞いでしまうこともあるので「おかしいな」と思ったら確認をしましょう。給湯器の周りには何も置かず、雑草が覆ってしまうようであれば定期的に刈り取るようにしましょう。

給湯器設置後に家をリフォームした

給湯器を設置してから何年か経過した後、家のリフォームを行った場合は給湯器の周りを塀や屋根が囲ってしまうことがあります。条件がそろってしまうと給湯器から排出した空気が溜まってしまい、不完全燃焼を起こしやすくなってしまうのがデメリットです。リフォームの際は業者と話し合うはずなので、その際に安全性を確保した設計で進めてもらえるようにしましょう。

水漏れを放置していた

経年劣化や部品の不具合によって機器の中で水漏れが生じていた場合、バーナーに漏れた水がかかってしまい不完全燃焼を起こすことがあります。水漏れがあった場合は下手に触らず、業者にまず相談してください。

不完全燃焼のチェックポイント

炎の色が青ではない

給湯器が正常に燃焼している時は炎の色は青色をしています。通常炎は赤色よりも青色の方が高温となるのが特徴です。炎の色が赤色や黄色であれば、不完全燃焼を起こしている可能性があります。

黒い煙が出ている

給湯器から黒い煙が出ている場合、不完全燃焼を起こしている可能性が高いため早めの対応が必要です。ガスの臭いがする場合にはガス漏れを起こしている可能性もあるため、早急に業者やメーカーに連絡しましょう。

使用中に火が時々消える

給湯器を使用中に火が時々消える場合も、不完全燃焼を起こしている可能性があります。その際はお湯の温度が不安定になる症状も見られるので、心当たりがある場合は一度業者に確認してもらうのが良いでしょう。

異臭がしたり、目がしみる

不完全燃焼を起こしていると焦げ臭かったり、目にしみたりすることがあります。頭痛や息苦しさを感じる場合は危険なので、使用をやめて修理や交換を依頼してください。

異音がする

給湯器を使用していて、今までに聞いたことのない異音がした場合は不完全燃焼を起こしているかもしれません。「ボン」という爆発音がして、ガス臭さや焦げ臭さを感じた場合は不完全燃焼の可能性が高いでしょう。

横浜の給湯器交換業者3
設置工事費用で比較しました
モアープランニング
35,200円

公式サイト

ほっとハウス
46,200円

公式サイト

湯ドクター
41,800円

公式サイト

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

給湯器をすぐに交換したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!~横浜編~
横浜の給湯器業者3
~工事費用で比較~
モアープランニング
35,200円

公式サイト

ほっとハウス
41,800円

公式サイト

湯ドクター
46,200円

公式サイト

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

サイトマップ