給湯器をすぐに交換したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!~横浜編~
35,200円モアープランニング
41,800円ほっとハウス
46,200円湯ドクタ―

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

給湯器業者の徹底比較サイト【横浜編】 » 給湯器が故障したらすべきこと » 給湯器交換はDIYで対応していいの?

給湯器交換はDIYで対応していいの?

資格なしで給湯器を取り付けるのは違法

給湯器を交換する時にはガスや電気、水道を取り扱うため、誤った操作をすると重大な事故を引き起こす可能性があります。そのため、給湯器交換は国が定めた資格を有する人のみが施工を許されていると覚えておきましょう。無資格の人が給湯器交換を施工した場合、犯罪行為となり法律により罰せられます。

例えば電気に関する工事を無資格で行った場合には、電気工事士法違反として30万円以下の罰金もしくは1年以下の懲役が科せられるので気を付けてください。工事の内容や箇所にもよりますが、無資格でガス工事を行った場合には50万円以下の罰金が科せられてしまうこともあります。

近年はインターネットで給湯器交換を自分で行った動画などが出回っていることもあり、簡単に行えるように勘違いしてしまうかもしれません。しかし、実際には違います。給湯器の修理や交換を業者に依頼すると、場合によっては費用が高くかかるのが不安なポイントの1つでしょう。ですが、資格を持っている人に対応してもらえるというのは大きなメリットです。無資格の人が施工することは犯罪行為であり、自分はおろか家族や周囲の人の命に関わることもあるので絶対にしないようにしましょう。

業者に頼む際は資格の有無を要確認

給湯器交換を無資格で行うのは犯罪行為となるため、業者に依頼した場合は有資格者が施工を行うものだと思うのは当然のことです。ところが業者に依頼したとしても、資格を有さない人間が施工しているという信じがたい事実があるのをご存知でしょうか?工事自体はそこまで難しくないので、無免許の人が車を運転しているかのように施工を行っている業者も存在します。実際に無資格者が給湯器交換を行った後に、機器の事故やトラブルが生じているケースも少なくありません。

そのような事態を防ぐためにも、業者に依頼する際には資格の有無をしっかりと確認するようにしましょう。最近は給湯器業者の数が増え、インターネットで大々的に宣伝している業者も多く見かけます。中でも特に要注意しなければならいのは、インターネット上で全国対応をアピールしている業者です。

全国対応となると、自社だけではサービスがまかなえないことも多く、提携している業者と協力しながら多くのエリアを対応しています。窓口となる業者は、提携している業者のスタッフ全員が資格を有しているかまでは把握することが困難です。結果として、管理が行き届きにくくなります。特にこのような場合は無資格のスタッフが施工を行っているケースが少なくないようです。

全国対応している業者を選ぶ際は、担当者が有資格者か分かるところを選ぶようにしましょう。

給湯器は非常に便利な機器ですが、誤った工事によって重大な事故を招く恐れもあることを念頭に置いておかなければなりません。安全に使用するためにも、資格を有した人間に施工してもらうことが重要となります。

給湯器交換に必要な資格

給湯器交換に必要な資格について説明していきます。

液化石油ガス整備士

液化石油ガス(LPガス)を使う設備を工事する際に、取得しなければならない資格です。

ガス可とう管接続工事監督者

ガス可とう管とは、ガス機器に使用されているガスホースや金属の配管のことを言います。ガス機器とガス栓を接続する工事を行うために取得しなければいけない資格です。

ガス機器スペシャリスト

ガス機器の設置工事に必要な高度な知識と技術を有していることを証明できます。

簡易内管施工士

簡易な都市ガス配管工事の設計・施工に必要な知識と技術を証明する資格です。

ガス消費機器設置工事監督者

屋内設置の給湯器に必要な排気筒の施工や、ガス機器の設置や交換工事をする際に必要です。

第二種電気工事士(もしくは同等以上の資格)

専用コンセントやアース線などを施工する際に持っておかなければならない資格です。

事故の危険性

目につかないため気づきにくい

給湯器は戸建ての家だと裏手の方に、マンションではメーターや配管が収納されているパイプスペースに設置されるケースが多くあります。普段は目にすることが少ないため、異常が生じていたとしても気が付きにくいのが難点です。

ガスや電気など、場合によっては危険な状態で使用しているということに気づけないと、後々大きな事故につながってしまいます。

給湯器が劣化したり、具合が悪くなったりしていることへの意識は普段あまり持たないかもしれません。もし長い間給湯器を使い続けているのであれば、一度確認しておきましょう。

給湯器の寿命は約10年

給湯器は一般的に、寿命は10年程度と言われています。もちろん使い方によって違いはあり、家族が多く使用頻度が高い場合には7~8年で寿命がくる場合もありますし、一人暮らしでは14〜15年使用できる場合もあります。

給湯器には精密な部品が多く使用されており、繰り返し使用することで磨耗や劣化が生じるのは避けられません。お湯が出にくい、沸きにくいといったことが起こってきたら、それは部品の寿命がきている可能性が高いということです。経年劣化した給湯器を使用し続けていると大きな事故を招く危険があるため、早めに交換を検討しましょう。

火災の危険性

古い給湯器を使用していた場合、部品が劣化して燃料が漏れてしまい、火災を起こす危険があります。特に危険なのが、ガス給湯器の劣化によるガス漏れです。ガス漏れを起こしたまま使用を続けると、引火して爆発を起こすかもしれません。爆発により、命が危険にさらされる可能性があります。給湯器を使用していてガス臭いにおいがしたら、すぐに使用を中止して業者に相談しましょう。

長年使用していることにより、機器の中に溜まってしまったホコリが電気とショートして焼けてしまうこともあります。そのような場合も火災が起こる危険性があるので、時折ホコリが溜まっていないかチェックすることも大切です。

不完全燃焼の危険性

給湯器の経年劣化や部品の不具合は、不完全燃焼を起こす原因になります。不完全燃焼とは空気中の酸素が不足して、十分に燃焼できていない状態のことです。不完全燃焼のまま給湯器を使用し続けると、一酸化炭素中毒や火災を引き起こしてしまう危険があります

給湯器内の部品劣化により水漏れが発生し、ガスバーナーに水がかかってしまうことで不完全燃焼が起こるケースも珍しくありません。長年使用し続けることで溜まってしまったゴミやホコリが中で詰まると、不完全燃焼を起こすかもしれないのでメンテナンスや掃除はこまめにやっておきましょう。

不完全燃焼を起こしたまま給湯器を使用し続けると、生命に関わる重大な事故を招きます。実際に2018年や2019年には、給湯器が原因の一酸化炭素中毒事故が起きていました。事故で自分や家族を危険にさらさないためにも、10年を目安にメンテナンスや交換をするようにしましょう。

横浜の給湯器交換業者3
設置工事費用で比較しました
モアープランニング
35,200円

公式サイト

ほっとハウス
46,200円

公式サイト

湯ドクター
41,800円

公式サイト

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

給湯器をすぐに交換したい人必見!365日交換可能な安心業者ガイド!~横浜編~
横浜の給湯器業者3
~工事費用で比較~
モアープランニング
35,200円

公式サイト

ほっとハウス
41,800円

公式サイト

湯ドクター
46,200円

公式サイト

※2020年7月時点の情報。料金は税込みです。横浜で365日対応可能な交換業者の中でも、GSS登録店でレンタル給湯器を貸し出してくれる会社を、24号の給湯器を設置した際の工事費で比較しました

サイトマップ